ホーム > 高齢者 > 下着

下着

小さいころは下着は絶対に着なさいといわれていたように思いますが、

 

いまは私は下着をきて過ごしていません。

なんか窮屈で下着じゃなくてそのままTシャツを着て冬になるとだんだん重ね着をします。

うちでは主人が下着を着ていることがおおいですが、会社に行く時だけだったりします。

下着があまり好きでないらしいので私と同じだと思っています。

洗い物も増えて大変ですしなにより下着を着るという感覚が嫌いなのです。

白いTシャツで下がすけて見えてしまいそうなときはカーディガンを来ます。

まわりからみてもいい感じではないですものね。

最近はあまり指摘をされることはありませんが、昔は「下着が見えているよ」というおばさんがいてはずかしい思いをしたことがありました。

今はあまり人に関心がないんですね。

いい世の中になったのか悪い世の中になったのかわかりません。

年をとると厚着になるっておばあちゃんが言っていたのを思い出します。

 

おばあちゃんは札幌に住んでいます。

 

有料老人ホーム。

 

おばあちゃんに会うためにいつも札幌に泊まる時は宿はきめてあります。

ここはおばあちゃんの施設の介護士さんが教えてくれた宿。

 

サッポロファクトリーの前にある宿でお布団がふかふかの小さな宿です。

朝食だけついていて夕食はビールを片手にソーセージやじゃがいもを食べています。

ビールの飲み比べなどもありとても楽しいです。

大きな樽があちこちにありさすがにビール園だけあって黒ビールもおいしいです。

いろいろなビールから選べることもあり2時間以上そこにいてビールを飲んでゆっくりしています。

翌日はショッピングです。

あちこち見て歩きながらアウトレットを楽しみます。

こちらでは売っていないような素敵なデザインのものも売っていて買おうかどうしようか迷うことが多いです。

お昼はラーメン横丁へ行ってラーメンを食べます。

私はチャーシューメンが好きでよく頼みます。

あるときあぶりチャーシューという文字が目にはいりました。

思ったとおりすごくおいしかったのを思い出しました。

 

 

今は高齢者虐待のニュースが多い世の中ですがおばあちゃんのいるところはとてもいいところだし、その介護士さんともおばあちゃんはこのラーメンも食べにくるようなのでその話を聞くとほのぼのします。