ホーム > 現金化 > クレジットカードのショッピング枠を換金する事の特徴などについて

クレジットカードのショッピング枠を換金する事の特徴などについて

ショッピング枠を換金することを、クレジットカード現金化といいます。
クレジットカードを使って購入したものを自分で店などを探して売却する方法と、現金化業者から商品を購入してキャッシュバックを受けるという方法があります。
自分で商品を売却するためには、買取価格の高い店を探す必要などがあるので現金化するのに手間と時間がかかります。
したがって、すぐに現金を入手したい人にとっては向いていない方法です。
また、買取店の買取価格は絶えず変動するのでマメな情報収集が必要になります。
商品券や金券やゲーム機やブランド品は比較的高く買い取ってもらえる傾向にあり、人気の商品券の場合には額面の95%以上の買取価格となる場合もあります。
ただし、商品券やゲーム機などを複数の店からたくさん購入するとカード会社から転売目的だと見なされて、カード利用停止になる場合があります。
一方、業者に現金化を依頼する場合にはカード利用停止のリスクが低くなります。
自分で買取価格を調べて店に持って行くなどの手間や時間がかからないので、比較的早く現金を手に入れることができます。
業者に依頼した場合はキャッシュバック率に基づいて現金が振り込まれます。
ただし、手数料が別途必要となるので最終的な換金率は70~80%程度になります。
また、現金化で一時的にお金を得たとしても、クレジットカードのショッピング枠で購入した商品は後から代金を支払わなければいけません。
現金化によって多重債務に陥らないように注意する必要があります。

ビックギフトの評判はこちら


タグ :